ハル歯科医院blog

2017.03.07更新

歯を失う理由のナンバーワンといえば、歯周病です。
当院にも多くの患者様が通院なさっております。
またCMなどでもよく歯周病予防を謳った商品が登場している通り、当院でも歯周病予防に注力しております。

では実際、歯周病の羅漢者というのは、日本全国にどのぐらいいるのでしょうか?
このお話をすると、かなり驚かれる患者様が多いのですが、厚生労働省が行った平成23年の歯科疾患実態調査によると、35歳以上の成人男女の80パーセント以上が歯周病であると報告されています。

なぜこんなに歯周病患者のパーセンテージが高いのか?
それはいろいろな要因が考えられます。

その一つとして考えられるのは、今の時代の高齢者の方々が生きてきた時代、現代のように歯科に対する意識が高い方は少なかった時代ということです。
しっかりとしたケアを行っていなかった、定期検診やPMTCの必要性を感じていなかったという考え方が一般的でした。
やはりそうなりますと、歯周病リスクも高くなるので歯周病羅漢者が増えてしまったというのも事実でしょう。

これからの時代、このパーセンテージをググッと下げていきたいと、私は思っています。
そのためにもハル歯科医院では、しっかりとしたデンタルケアの指導と定期的な検診とPMTCをおすすめしてまいります。

投稿者: ハル歯科医院

tel:0120-860-640 受付時間9:30~12:30・14:30~19:30・土曜午後は14:00~17:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日 メールでのお問い合わせ