ハル歯科医院blog

2017.03.31更新

大切な歯を守るためには、当院でのケアや治療も大切ですが、やはり毎日のデンタルケアがしっかりと行われているかどうかが、重要になってきます。
前にこちらのブログで書かせていただいたことがありますが、厚生労働省の歯科疾患実態調査(平成23年)の結果では、調査数4253人に対し、毎日歯を磨く人は4060人となっていて、日本人の約95パーセントは、毎日歯磨きをしていることになります。

毎日しっかりブラッシングをしていれば大丈夫と思いがちですが、このブラッシングが効果的なブラッシングでないと、やはり虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。
せっかくこれだけの方々が、毎日のブラッシングを習慣づけてくださっているのですからハル歯科医院としては、そのブラッシングがぜひとも効果的なものであってほしいと思うのです。

ブラッシングの際、ポイントとなってくるのが歯ブラシの持ち方です。
皆様、どのように歯ブラシを持ってブラッシングなさっていますか?
よく拝見するのは、自転車のグリップを持つような感じで、ゲンコツで持って磨いている方。
これだと力が入りすぎてしまい、逆に歯ブラシの毛先が反ってしまって毛先が歯と歯の隙間や歯と歯茎の隙間に入っていきづらくなってしまうのです。
歯ブラシはスプーンを持つような持ち方で、力を入れすぎず細かく動かして丁寧に磨くのが正解です。

投稿者: ハル歯科医院

tel:0120-860-640 受付時間9:30~12:30・14:30~19:30・土曜午後は14:00~17:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日 メールでのお問い合わせ