ハル歯科医院blog

2017.04.03更新

当院では、歯の治療において、「歯を抜く」という行為は、最終手段だと考えています。
実はこの考え方は、ハル歯科医院だけの考え方ということではなく、現代の歯科の常識的な考え方です。

可能なのであればできる限り治療をして、自然歯を温存する。
そして自然歯を患者様がご高齢になったときに、数多く残せるようにする。
更には治療が必要にならないように、予防をするという考え方に力を入れる。

これが今の常識です。
そしてこの考え方は、患者様にもだんだんと浸透しつつあります。

しかし現実問題、抜歯をしなければならないこと、そして早急に抜歯を行った方が良いということもあるのです。
「抜くのはホントの最後」「抜くのはあまりよくないこと」と、患者様自身の知識の中にございますと、「抜歯します」という話になると、かなり躊躇されると思います。

しかし抜歯はもちろん私も不必要なのにご提案することはありません。
どうしても抜歯が必要であり、抜歯することがベストであるという明確な歯科医療におけるわけが存在するのです。

抜歯を躊躇し、その歯を温存すること。
それが身体の健康や歯のトラブルを引き起こすこともあるということを、ご理解いただければと思います。
そしてそのときがもし訪れたとき。
ハル歯科医院では、患者様がしっかりご理解いただけるまで、丁寧にご説明しております。

投稿者: ハル歯科医院

tel:0120-860-640 受付時間9:30~12:30・14:30~19:30・土曜午後は14:00~17:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日 メールでのお問い合わせ