ハル歯科医院blog

2017.05.31更新

ブラッシングがきちんとできていない、定期検診やPMTCを怠ってしまうと虫歯になってしまうということは、皆様ご存知でしょう。
そして脱灰の段階を経て、一度虫歯になってしまうと、歯を削って埋める治療をしないと、虫歯は治すことができないということも、お分かりいただいていると思います。

ところで、そもそも虫歯とはどうしてできてしまうのでしょうか?
意外と知っているようで知らない内容かもしれません。

虫歯は一般的に虫歯菌ともいわれている「ミュータンス菌」が作り出してしまう酸が、歯のミネラル成分をとかしだしてしまい、その結果、歯に穴が開いてしまう症状です。
なぜブラッシングなどの日ごろのケアやPMTCが重要になってくるのかといいますと、プラークや歯石などを、このミュータンス菌が好物としているからです。
ミュータンス菌の動きが活発になり、虫歯を作ってしまう原因となってしまいます。

でもこうなると、しょっちゅうブラッシングやPMTCをしていないとすぐに虫歯になってしまうような気がしますが、唾液も口腔内を酸性にしないように働きかける作用がありますので、ミュータンス菌がつくり上げる酸を中和する力を持っています。
ですので、そうそう簡単には虫歯ができないようにはなっているのです。

投稿者: ハル歯科医院

tel:0120-860-640 受付時間9:30~12:30・14:30~19:30・土曜午後は14:00~17:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日 メールでのお問い合わせ