ハル歯科医院blog

2017.08.26更新

突然ですが、皆様はお食事のおいしさを体のどの部分で感じとっていますか?
当然全員が「舌で感じる味覚」とおっしゃることでしょう。
これは間違っていないのですが、実はお食事のおいしさを感じとっているのは、舌で感じる味覚だけではないのです。
食べ物のおいしさは、咀嚼による歯ざわりであったり、歯ごたえで感じる部分も大きいのです。

具体的にお話をすればお分かりいただけるかと思います。
たとえば、なんらかの事情があって流動食になってしまうことって人間生きていれば、誰しもあることと思います。
特に高齢になって歯を失ってしまったり嚥下や内臓に問題があったりすると、流動食になってしまうケースは多いでしょう。

では、今日のメニューがステーキだとします。
普通に食べたら、とてもおいしいですよね。
でもこれを、流動食にしたと仮定したらどうでしょう?
おいしくないはずです。
これが、おいしさを感じるためには、歯ざわりや歯ごたえが大切という証拠です。

歯ざわりや歯ごたえというものは、歯根膜の感覚と、噛む筋肉の感覚から生じているものです。
つまり歯や歯ぐきの健康は、歯ざわりや歯ごたえを感じる上で重要なものなのです。
しっかりケアしていきたいですね。

投稿者: ハル歯科医院

tel:0120-860-640 受付時間9:30~12:30・14:30~19:30・土曜午後は14:00~17:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日 メールでのお問い合わせ