ハル歯科医院blog

2016.05.30更新

もうすぐジューンブライドの季節です。
6月に結婚式を控えていらっしゃるカップルは今、いろいろな準備で大忙しではないかと思います。
準備も大詰めというところでしょうか?

その準備に一つ、「ホワイトニング」を付け加えてください!
晴れの舞台、せっかくでしたら白くてきれいな歯で迎えていただきたいと思います。

結婚式まで時間がないという方も大丈夫です。
オフィスホワイトニングといって、ハル歯科医院で行うホワイトニングであれば、短時間でホワイトニングが完了し、当日は最高の笑顔カップルです。
即効性が一番の魅力なので、とても簡単ですし、ぜひご検討ください。

ちなみに当院で使っているのは、ポリリン酸ホワイトニングといって、歯を白くするだけでなく、歯の汚れを落とし、さらには歯をコーティングする作用があるので、ホワイトニング後の歯石防止にも役立ちます。
さまざまなメリットがあるので今、当院通院中の患者様からも注目されています。

投稿者: ハル歯科医院

2016.05.28更新

ハル歯科医院は、地域の老若男女、すべての皆様に愛される歯科医院を目指しております!
その気持ちの一つとして、月・火・水・金の診察は、19時半まで行っております。
これは、働いている方が、仕事帰りに通院しやすいように、あとは、部活帰りの学生さんが、立ち寄りやすいようにという願いです。

虫歯の治療はすぐに終わりますが、治療が終わったからOKということではなく、やはり予防歯科が一番大切です。
予防歯科を、歯科医師と患者様が二人三脚で行っていくためには、定期的に通院していただきやすい環境を作り上げるのも歯科医院の努めだと考えています。
「18時以降でないと、平日は難しいのだけど」という患者様のお声を反映し、診察時間を長めにとっています。
ただ、木曜日だけは午前診療なので、ご注意ください。

平日は難しいという方も、土曜日にどうぞ。
ハル歯科医院は、土曜日の診療も午前中だけではなく、夕方の17時まで行っております。
午前中だけの診察ですと、せっかくの休日に早起きしなければならなくなります。
お子様の行事などが、かぶってしまうこともあるでしょう。
当院なら、そんな心配もありません。

投稿者: ハル歯科医院

2016.05.20更新

本当にいつも思うのですが、なんで永久歯は一生に一度しか生えてこないのでしょうか?
何度も何度も生え変わるのであれば、虫歯治療でここまで患者様を苦しめることはないと思うのです。
なかなか、うまくいかないものです。

そんな大切な永久歯ですからハル歯科医院では、なるべく歯を抜かない治療を推進しております。
抜いたら最後、もう生えてはきませんから。

そのための強い味方として導入しているのが、デジタルレントゲンやレーザー治療器などの最新機器です。
レントゲンを使うことで、目視ではよく分からない隠れた虫歯も見つけられます。
しかし従来のレントゲンは放射線量が気になってしまい、なかなか容易にレントゲンでチェック!とはなりませんでした。
デジタルレントゲンであれば放射線の量が少ないので、予防の一環として使うことができます。
お子様のご利用を考えても、安心感があります。

レーザー治療器は、歯を失う原因ナンバーワンの歯周病をはじめ、さまざまな治療に万能に使用できます。
痛みもほとんどないので、とても便利な機器です。

投稿者: ハル歯科医院

2016.05.16更新

先日こちらのブログで旅行前、特に海外旅行前には必ず歯科検診とPMTCを行い、虫歯があるようであれば、きちんと治療をしてから出かけましょうというお話をさせていただきました。
そこで今日は、もし海外で虫歯になってしまったら、どれだけ大変なことになるかを、アメリカとスウェーデンを例に、お話ししましょう。

まずはアメリカ。
とにかく、医療費が高額なことで有名です。
それなのに、日本のような健康保険制度がなく、低所得者は十分な医療を受けることができない国です。
日本人が旅行で行った場合、緊急歯科治療費用補償特約というものがついている海外旅行保険に加入していない限り、アメリカで健康保険に加入していない人と同じ扱いです。
虫歯治療で10万円以上かかることもザラなので、向こうで治療の必要が出ないように万全の準備をすべきでしょう。

予防歯科で有名なスウェーデンは、19歳まで歯科治療は無料です。それ以上の年齢に関しても保険制度がしっかりとしている国です。
虫歯になる人が少なそうな印象があることから、治療に関して不安を覚える方もいるかもしれませんが、治療に関してもハイレベルで、もしスウェーデンで虫歯になっても、先ほど同様、緊急歯科治療費用補償特約というものがついている海外旅行保険に加入していれば、治療自体は問題ないと思います。
どちらかというと、言語の方が心配で、英語が通じる人も多いとは言いますが、母国語はスウェーデン語なので、やはり「治療」となると不安でしょう。

投稿者: ハル歯科医院

2016.05.10更新

平成28年度のゴールデンウィークは、2日と6日をお休みして大型連休にされていた方も多いようですね。
先月頭にニュースで見たのですが、旅行代理店のJTBの調査では、国内&海外の旅行者数は昨年より増えて、二年連続で過去最高を上回りそうと発表していましたが、実際はどうなったのでしょう?
皆様も、ご旅行に行かれましたか?

さて旅行中は、体調が万全でありたいものです。
疲れや寝不足、高低差などで、虫歯が突然痛み出すということがありますが、こんな事態になってしまっては大変です。

もう、夏休みの旅行計画を立てている方もいらっしゃる時期かと思います。
虫歯は、歯科検診を受けることで事前に治療が可能なものですから、旅行の二週間前には、きちんと歯科検診とPMTCを受けるようにしましょう。
そこで虫歯があった場合、しっかり治療をして、それから旅に出かけたいものです。

ハル歯科医院で特に注意しましょうとお話しているのが、海外旅行です。
異国で虫歯治療なんて不安でしかありませんし、何より国によっては治療費が高額になってしまうこともあります。
注意しましょう。

投稿者: ハル歯科医院

tel:0120-860-640 受付時間9:30~12:30・14:30~19:30・土曜午後は14:00~17:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日 メールでのお問い合わせ