ハル歯科医院blog

2016.08.31更新

先日こちらのブログでは、審美歯科についてお話をさせていただきました。
気になっている銀歯はぜひ、当院で白いきれいな歯に治療をしていきましょう。

さて本日は、審美歯科の素材として使っているジルコニアセラミックをご紹介させていただきたいと思います。
簡単にまとめてしまうと、ジルコニアセラミックは、審美歯科の素材としてナンバーワンです。
自然歯に大変近い白さを持ち、変色もほぼないです。
耐久性に優れているジルコニアにセラミックを焼き付けた人工歯なので、耐久性も抜群で見た目はさることながら、長持ちいたします。
デメリットは、極度に強い衝撃を与えると割れることがあるというだけで、本当におすすめの素材です。

中切歯・側切歯、つまり前歯ですね。
この辺りの歯を審美歯科で治療するのであれば、ジルコニアセラミックがイチオシです。
ただ審美歯科なので自由診療となり、治療費がそれなりにかかりますから、費用面なども考えて患者様のご要望をお聞きし、どの素材を採用するかを考えていきます。

投稿者: ハル歯科医院

2016.08.25更新

暑い日が続いてますので、秋のはじまりを感じるのはもう少し先になりそうですね。

突然ですが皆様、お時間のあるときに鏡の前でまずお口を大きく開けてみてください。
虫歯の治療をしてある銀歯が何本ぐらいありますか?
次は思いっきり口を開けて、普段笑うように笑ってみてください。
そのあと今度は、歯をイーッの状態で口を広げてください。
銀歯が見えるところはありますでしょうか?

会話をしたり笑ったりするときに、銀歯が見えるのはちょっと審美的にウーンと感じている方も多いのではないでしょうか?
ハル歯科医院では、審美的な部分は生活をしていく上でとても重要なことと考えています。
気になっている銀歯、思い切って白いきれいな歯にチェンジしませんか?

ハル歯科医院では審美歯科にも力を入れています。
もちろん見た目も重要ししつつ機能回復面もしっかりと考え、咬み合わせ認定医として健康的な咬み合わせまで考慮した治療を行っております。

審美歯科の素材も豊富に取り揃えております。
それぞれ特徴や個性があり費用も異なりますので、一緒に相談していきましょう。
ハル歯科医院では患者様のご希望をお伺いして、最善のご提案をさせて頂いております!

投稿者: ハル歯科医院

2016.08.23更新

歯医者さんから、「じきに親知らずを抜いた方が良いですよ」といわれている方は、少なくないと思います。
また親知らずが、すでにひどい虫歯になってしまっているという方もいらっしゃることでしょう。

でも・・・親知らずを抜くのを躊躇しているという方、お気持ちは分かります。
ウワサで「親知らずを抜くのは大変だったよ」とか「すごく痛かったし腫れた」というようなお話を耳にするからだと思います。

確かに親知らずの抜歯は口腔外科の治療であり、虫歯の治療などと比較すると大掛かりではあります。
ウワサのような状態になることも、ないとは言い切れません。
そこで、お仕事の長期休みなどを利用して抜歯を行っていただければ安心かと思っています。
できれば翌日はスケジュールを空にして、安静にしていられるようにしておけば安心ですよね?

ハル歯科医院では、難症例の親知らずの抜歯にも対応できるよう、歯科用CTを完備しています。
親知らずの抜歯は怖いとか不安と考えている方も、当院であれば安心して治療を行っていただけると思います。
また治療もすべて個室で行いますので、怖い・不安だというお気持ちもそのままストレートにお伝えいただけますし、他の方の目を気にすることなく、リラックスして治療を行うことができます。

投稿者: ハル歯科医院

2016.08.22更新

8月後半も、猛暑日が続いておりますのでピンとこない方が多いかもしれませんが、秋に入るとブライダルシーズンで結婚式を控えている、もしくは結婚式に招待される予定という方も多いかと思います。

結婚式の準備として最近、ホワイトニングをカップルで行う方が増えています。
前にジューンブライドの時期にもこのブログで書かせていただきましたが、結婚式には白いきれいな歯で!というのが最近のトレンド!
夏の休暇中のお時間があるときを見計らって、ホームホワイトニングをはじめましょう。

そして結婚式に招待されるご予定の方も、写真や動画にたくさん残る場面です。
招待される側のモラルとして当日は身なりを整えられると思いますが、その一環と捉えて、ホワイトニングをはじめてみませんか?

ハル歯科医院ではオフィスホワイトニングも行っておりますので、お急ぎの方も大丈夫です。
ホワイトニングにご興味がある方はぜひ、ご相談ください。

投稿者: ハル歯科医院

2016.08.10更新

8月に入りました。
皆様最近は大変暑いので、水分補給はこまめに行ってくださいね。

さて小学生や中学生の方々で、将来的には歯科矯正を・・・と考えている方も多いかと思います。
歯科矯正を行うタイミングは、そのお子様それぞれで異なります。
歯並びや噛み合わせが気になっている方はまず、ハル歯科医院にご相談にいらしていただき、そのタイミングについて考えていきましょう。

お子様によっては、少しでも早く始めたほうが良いというケースもあります。
そのような場合、ぜひこの夏休み期間中を活用していただければと感じています。

矯正の方法によっても異なるのですがワイヤーブラケット矯正の場合、初回の装着時に痛みを訴えるお子様が多いのです。
その痛みは個人差が大きいのですが、痛みの感じ方が強い場合、おそらく通学・勉学などの日常的な生活は困難になります。

もちろん痛みをほとんど感じないお子様もいますが、万が一の備えると夏休みのようにお休み中に矯正をはじめるのがベストだと私は感じます。
まだ、夏休みは一ヵ月あります!
お子様の歯科矯正をお考えでしたら、ぜひこの夏休み中にご相談ください。

投稿者: ハル歯科医院

tel:0120-860-640 受付時間9:30~12:30・14:30~19:30・土曜午後は14:00~17:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日 メールでのお問い合わせ