ハル歯科医院blog

2016.10.27更新

滋賀県守山市の皆様こんにちは!ハル歯科医院です。
最近、秋めいてきてもうすぐ比叡山の紅葉が楽しめるのでは?とワクワクしています。
場所によってはもう、かなり色づいてきているようですね。

今日は乳歯から永久歯への生え変わりについて、お話をさせていただきます。
乳歯が前歯から順に生えてくるように、永久歯も前歯から順に通常生えてきます。
通常は下の前歯から抜け落ち初め、次に上の前歯という流れです。

下の乳中切歯は6~7歳ぐらいに生え変わります。
上の乳中切歯も同じぐらいもしくは、一年遅れぐらいで生え変わります。
乳側切歯は、乳中切歯の一年遅れぐらいです。
乳犬歯は9~12歳ぐらいの間に、上下ともに生え変わります。
第一乳臼歯・第二乳臼歯は大体、10~12歳の間に抜けおちます。

つまり、12歳ぐらいまでにはすべての乳歯が永久歯に変わるわけですが、生え変わりの時期には個人差があります。
特に近年、生え変わるのが早くなっているという傾向もあります。
ですので、早い分にも遅い分にも、1~2年のズレに関しては、過剰に心配する必要はありません。

投稿者: ハル歯科医院

2016.10.25更新

皆様は、歯医者さんは「痛いから嫌い!」と思われていませんか?
きっと、多くの方がそう思われていると思います。

私たちとしては本当は、歯医者さんは歯が痛くならないために通うところであってほしいと考えています。
つまりは予防歯科です。

でもどうしても、虫歯になってしまって治療をしなければならないこともあります。
このときの治療の痛みは、誰だって嫌なものです。
そこでハル歯科医院では、痛みの少ない治療を心がけています。

麻酔を使うことはもちろんなのですが、麻酔を使用する際はまず塗り薬で浸潤麻酔を行って、針が刺さる痛みや違和感を緩和します。
そして、麻酔針は極細の針を使用し、痛みを大きく軽減できるようにしています。
麻酔も、電動麻酔注射器を導入しています。
コンピューターが注入速度をコントロールし、ゆっくりそれも一定の量を保って麻酔薬を注入できるので、痛みをほとんど感じません。

また、痛みに弱いという患者様は、その旨を正直にお伝えください。
大人になって恥ずかしい!というご意見も聞きますが、大人になったからといって痛いものは痛いのです。
お話ししていただくだけでも、きっと治療に対する気持ちが楽になります。
もちろん私たちは、痛みに強い弱い関係なく、痛みの少ない治療が行えるように、細心の注意を払っておりますので、ご安心ください!

投稿者: ハル歯科医院

2016.10.21更新

こんにちは!ハル歯科医院です。
ハル歯科医院では、滋賀県守山市の皆様、老若男女問わず通いやすい歯科医院を目指しております。
実際、三世代で通院してくださっているご家族もたくさんいらっしゃいます。

「誰もが通いやすい歯科医院」
簡単なようで簡単ではないと思っています。
その一つの試みとして、メールでのお問い合わせをホームページ上からできるようにしています。

働き盛りの世代の方々は、仕事中に電話で問い合わせをするのは難しいというケースも多いでしょうし、子育てに忙しい世代の方も、日中は家事や育児に大忙し!というのが実情だと思います。

でも、口腔内のことで悩みがあったり相談したいこと、聞いてみたいことがある患者様はたくさんいらっしゃると思っています。
このようなとき、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
メールなので、時間も問いません。
当院が休診日でも、お返事は少しお待ちいただくかもしれませんが、メールをお送りいただいて大丈夫です。

投稿者: ハル歯科医院

2016.10.17更新

こんにちは!ハル歯科医院です。
最近寒くなってきたからか、通院される患者様も体調を崩されている方が多いように感じます。
体調が悪いときは、ご予約を再度お取りすることができますので、ご無理なさらないようになさってください。

さて自分のお口の中って内臓ほどではないものの、ご自分では鏡に映しても隅々まではよく見ることができないものです。
その部分を治療したりケアしたりするのですから、やはりいろいろ質問したい、教えてほしいと思われるのは当然だと思います。
でも専門的なことは分からないし、聞きづらいし・・・不安だけど歯医者さんに丸投げするしかないとお感じになられている患者様も多いかと思います。

ハル歯科医院では、そのようなことがないように努めております。
患者様が何でも気軽にお話していただけるように、そして私たちも患者様のお話にはしっかり耳を傾けて、ご質問や治療方針については、分かりやすく丁寧をモットーにしております。

その一つの気持ちとして、フリーダイヤルを設けさせていただいています。
はじめての方も、すでに通院されている方も、来院前にご質問されたいことがあるときもございますでしょう。
そのようなとき、気軽にお電話でお問い合わせいただければと思います。
お電話、お待ちしております!

投稿者: ハル歯科医院

2016.10.12更新

滋賀県守山市の皆様こんにちは!ハル歯科医院です。
10月に入りました。
運動会や文化祭など学生の方にとって行事が忙しい時期となってきました。
本格的に忙しくなる前に、定期検診にお越しください!
お待ちしております。

ところで先日は、審美歯科の素材として使っているジルコニアセラミックについてお話をさせていただきました。
そこで本日はオールセラミックについて、ご紹介いたしましょう。

ジルコニアセラミック同様、自然歯に大変近い白さを持ち変色もほぼないです。
ただ自然歯との色合わせが難しい方などは、ジルコニアセラミックの方が向いていると思います。
耐久性に関しては、100パーセントセラミックになっているので、ジルコニアセラミックと比較してしまうと劣ります。
強い衝撃が加わってしまうことで、割れてしまうリスクはあります。

でも審美的に優れているので、中切歯・側切歯などの前歯の治療としてはおすすめできる素材ですし、多くの患者様がオールセラミックで治療をなさっています。
白く美しい歯は、人間にとって自信にも繋がります。
審美歯科治療を行って、思いっきり笑える口元を手に入れたいですね。

オールセラミックは自由診療です。
治療費が高額となりますので、ハル歯科医院では患者様と費用についても相談しながら、使用するかを考えていきます。

投稿者: ハル歯科医院

tel:0120-860-640 受付時間9:30~12:30・14:30~19:30・土曜午後は14:00~17:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日 メールでのお問い合わせ