ハル歯科医院blog

2022.08.28更新

皆様こんにちは!守山市のハル歯科医院です。
当院では根管治療に力を入れています。
今日は根管治療の一番基本と言っても良い、「抜髄」についてご説明してまいります。
抜髄と書きますと、なんだか難しいもののように聞こえると思いますが、よく虫歯が進行して、「神経を抜きましょう」と歯科医師に言われることがあると思います。これが抜髄です。

この抜髄が必要になる治療は、歯髄炎になってしまった場合に行われます。
歯髄炎とは歯髄、すなわち一般的に歯の神経と呼ばれている部分に、虫歯菌が感染してしまったり、被せ物や知覚過敏などが原因で、歯髄へ断続的なダメージが与えられることで発症するものです。

神経を抜くというワードをよく耳にするだけに、抜髄は簡単だと思われている患者様も多いですが、これは間違いです。
この抜髄が適切にできないことがありますと、再治療が必要になったり根管治療が失敗に終わるという事態を招きかねないのです。

それだけ難しい治療なのです。
私は大学時代に根管治療の修練医として学んだ経験がございまして、多くの根管治療を経験しております。
安心してお任せいただければ幸いです!

投稿者: ハル歯科医院


SEARCH



CATEGORY

tel:0120-860-640 受付時間9:30~12:30・14:30~19:30・土曜午後は14:00~17:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日 メールでのお問い合わせ