ハル歯科医院blog

2020.12.11更新

皆様こんにちは。守山市のハル歯科医院です。
とうとう師走です!今年は世界的に、激動の一年でありました。
新しい生活様式も少しずつではありますが、定着してきました。
一年いろいろありましたが、本当にありがとうございました。

さて本日は、プラークコントロールについてお話をさせていただこうと思います。
この言葉、テレビのCMでよく耳にしますが、「ところで、プラークコントロールとはなんぞや?」という方も多いのではないかと思います。
これはプラークを除去して、歯に再付着することを予防して口腔内を清潔に保つことです。

プラークとは、歯垢のことです。
これには、1mg中に1~10億個の細菌が含まれていると言われています。
この細菌が酸を作り出し、この酸が歯の表面のエナメル質を溶かすことが虫歯のはじまりなのです。
また、プラークが歯茎の溝に溜まって放置されていくと、歯肉炎や歯周病を引き起こします。

プラークを口腔内から除去する一番の方法は、毎日のデンタルケアです。
そしてそのデンタルケアの方法、フロスをするか否かやブラッシングの仕方などが、重要になってきます。
ハル歯科医院では、患者様それぞれに適した歯ブラシのチョイス、そして正しいブラッシングのやり方、またその他フロスなどのアイテムの使用方法などを、皆様に丁寧にお伝えしております。

投稿者: ハル歯科医院

2020.11.12更新

皆様こんにちは。守山市のハル歯科医院です。
本日は、歯の再石灰化についてご説明してまいります。

実は毎日の食事の際、脱灰(だっかい)というものが起きています。
歯の表面のエナメル質は、酸に溶けやすい性質を持っています。
食事に含まれる糖分を栄養にして、虫歯菌が酸を発生すると、このエナメル質の表面が溶けてしまうのです。これが脱灰です。
でもすぐに、そこから虫歯になるわけではありませんよね?
これはなぜかと言いますと、歯の再石灰化が行われているからです。
歯の石灰化とは、エナメル質の表面が溶けてしまったところを修復するというものです。

つまり虫歯になってしまうのは、歯の石灰化スピードよりもエナメル質が溶けだした部分からの破壊スピードが勝ってしまうということなのです。
その逆、破壊スピードより歯の石灰化スピードが勝れば、虫歯にならないということです。
ですので、歯の石灰化を促していく必要があります。

歯の石灰化とは唾液によるエナメル質の修復ですので、口腔内をきれいにして虫歯菌に酸を排出させないことと、唾液を分泌させることが重要になってきます。
食事の際のしっかりとした咀嚼と、歯磨きやフロスなどでしっかりと食事のたびにデンタルケアをすることで、歯の石灰化を促進して口内環境を良好にすることができます。

投稿者: ハル歯科医院

2020.10.08更新

皆様こんにちは。守山市のハル歯科医院です。
今日は病的口臭について、ご説明してまいります。
この病的口臭が口臭の種類の中で一番厄介ですし、「たかが口臭」と見逃してはいけない口臭です。

名前の通り、なんらかの病気が起因して起こっているのが病的口臭です。
この病的口臭は、歯科領域である口腔由来の口臭と、医科領域である全身由来の口臭に分類されます。
口腔由来のものが、病的口臭全体の9割と言われています。

口腔由来の場合は、その多くが歯周病やひどく進行しているのに放置しているような虫歯です。ドライマウスが原因の場合もあります。
また、歯石や舌苔、入れ歯が原因ということも考えられます。
歯周病や虫歯の治療をはじめ、しっかりと完治させることが重要です。
ドライマウスや歯石、舌苔、入れ歯のケースも、それに対するケアをしっかりと対応していきます。

全身由来の場合は、呼吸器系・消化器系・耳鼻咽頭系・代謝系の疾患が原因となって口臭が発生します。
具体的には、気管支炎や肺膿腫、蓄膿症、咽喉頭ガン、胃炎、胃潰瘍、胃ガン、糖尿病、尿毒症、肝硬変などです。
病的口臭の比率として全身由来のケースはわずかではありますが、ガンなど重篤な病気の可能性もあるだけに、歯科医師としても病的口臭は慎重にチェックする必要があります。

投稿者: ハル歯科医院

2020.09.10更新

皆様こんにちは。守山市のハル歯科医院です。
9月になり、学校もスタートしましたね。
少し暑さも和らいできたように感じます。
さて今日は心因性口臭について、お話をさせていただきます。

心因性口臭とは、ずばり!「実は、お口のニオイなどない状態」です。
つまり口臭検査を行っても口臭は認められませんし、口臭は発生していないので、そのようなことを気にする必要はありません。
しかし、ご本人だけが口臭があると思い込んでいる状況のことを、心因性口臭と言います。自臭症とも呼びます。

心因性口臭は口臭自体がないので、歯科医師から患者様に「口臭はありません」とご説明をさせていただき、それをご自身が理解して納得できれば問題ありません。
口臭はないと認識できない場合は、精神科や心療クリニックでカウンセリングを受ける必要が出てきます。

最近は衛生や清潔に対する意識やマナーが高まっていることもあり、必要以上に口臭を気にするあまり、心因性口臭になってしまっている方がいます。
また、過度なストレス環境に置かれている方や精神不安状況の方、もともと性格的に神経質な方などに、心因性口臭は多くみられます。
時期としては、精神的・肉体的に不安定な時期である思春期や更年期に多いです。

心因性口臭は、歯科医師として具体的な手立てはないものの、それがうつや引きこもりなどの引き金となってしまうこともありますので、患者様の立場になってハル歯科クリニックでは丁寧に対応しております。

投稿者: ハル歯科医院

2020.08.05更新

皆様こんにちは。守山市のハル歯科医院です。
本日は外因的口臭について、お話をさせていただきます。

外因的口臭なんて表現をすると難しいもののように感じますが、実際は「食べたもの・飲んだもの等が起因で起こるニオイ」です。
一時的なものであり、一般的には口臭と表現しますが正確には口臭ではありませんし、口臭症に分類されるものではありません。
ただ・・・気になるといえば気になりますよね。

外因的口臭の食べ物の代表格といえば、ニンニクです。
ニンニクを食べるとそのあと、どうしても口から臭いが発生します。
翌日まで続くことも多いです。
ネギやニラなども同様に、ニオイを発することで知られています。

飲み物となりますと、アルコールです。
こちらも、翌日までニオイが続くことがあります。
飲み物ではないかもしれませんが、タバコもニオイが気になりますよね。

外因的口臭は、歯磨きやマウスウォッシュなどでアフターケアをすれば多少はおさまりますが、TPOと言いますか気になる環境や状況のときは控えるのが一番です。
また一過性ですので、必要以上に気にすることはありません。
ただタバコは、口内環境や健康のことを考えても推奨できるものではありませんので、歯科医師としては禁煙をおすすめします。

投稿者: ハル歯科医院

2020.07.03更新

皆様こんにちは。守山市のハル歯科医院です。
今日は生理的口臭について、お話をさせていただきます。

まず、生理的口臭は誰にでも起こりうる口臭です。
つまり異常なものではありません。
生理的口臭とは、日常生活の中でなんらかの口臭の原因が生じて起こる口臭です。
そして唾液の量と嫌気性菌の繁殖が、大きく左右しています。
生理的口臭は、唾液の自浄作用がスムーズに行われていれば発生しない口臭です。
でも唾液量は、朝起きたときや、空腹のとき、緊張しているときは減ってしまいます。
このようなときに嫌気性菌が繁殖しやすくなり、口臭が強くなります。

つまり、生理的口臭を100%抑えるのは難しいのです。
しかし、なるべく発生させないようにする方法はあります。
一番大切なのは、唾液の量を多くすること。
そのために、唾液の分泌を促進する必要があります。
歯磨きやうがいをする、よく噛んで食事をするといった具合です。
また緊張環境をなるべく作らず、リラックスできるようにするのも大事なのですが・・・これはなかなか難しいですよね。

投稿者: ハル歯科医院

2020.06.09更新

皆様こんにちは。守山市のハル歯科医院です。
「新しい生活様式」が重要視されている中ではありますが、小中学校も通常登校がはじまりましたね。
子ども達の健康と学業面を考えると、大変嬉しいことです。

さて、人との距離を保たなければいけない今、口臭もあまり気にならない状況かと思います。
しかしいつもの日常に戻ったならば、口臭を気にしている人は意外と多いと思います。
そこであえて今回は、このようなソーシャルディスタンスが大切な今のうちに、口臭について触れていきたいと思います。

まず基本的なお話となりますが、口臭とはなんなのでしょうか?
これは口から発せられる臭いが、周囲の人間が不快と感じる臭いであることです。
口臭の原因は実はいろいろあります。
ですが基本的にはその8割は、口腔内に要因があるとされています。
もちろん原因によっては、歯科医師だけでは解決できない場合もあります。
しかし口腔内に何らかの問題があるケースが多いだけに、口臭でお悩みの方は、ひとまず歯科医師に相談をしていただくのがベストです。

ハル歯科医院の診察室は個室なので、他の方の目を気にせずなんでもご相談いただけます。
治療やPMTCの際のついででも構いません。お気軽に口臭についてのお悩みをお話しください。

投稿者: ハル歯科医院

2020.05.18更新

皆様こんにちは。守山市のハル歯科医院です。
自宅で過ごす時間が長い今、皆様お元気にお過ごしですか?
今日はこのような機会にぜひ、ご高齢の方にトライしていただきたい健口のための体操をご紹介しましょう。
誤嚥を防ぐためにも、口まわりの血行促進のためにも有効な、口まわりを大きく動かす体操のことです。
食事前に行うのがベストでしょう。

まずは、口を噤んだり大きく開いたりしてストレッチです。
そのあと舌を思いっきり出して、鼻の方・あごの方へ伸ばしたり舌をぐるぐると回したりしてみましょう。
好きな音楽に合わせてやると、楽しく毎日できますね。
短めの音楽がオススメです。

健康は健口からと、よく言います。
このような体操はもちろんですが、毎日の丁寧なブラッシングやフロスなどのケアもとても大切です。
ご高齢で普通の歯ブラシではブラッシングが難しいという方は、電動歯ブラシを活用してみるのも一つの手段です。
楽しくそしてしっかりと、口腔ケアを行っていきたいですね。

投稿者: ハル歯科医院

2020.04.23更新


新型コロナウイルス流行期における当院の治療方針について決定致しましたのでお知らせいたします。

すでにご予約を取られている方につきましては予定通り来院して頂いて大丈夫です。

ご不安な方はご予約の変更を承ります。

今後につきましては、診療縮小させて頂くことを決定し、本日より縮小した体制での診療を行っています。

患者様の安全の確保を第一に、働くスタッフの安全の確保、歯科医院がクラスター発生源となることを防止するため、やむを得ず診療縮小させて頂くことになりました。

緊急を要しない治療は先のご予約となる場合がありますので何卒ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

今後の状況次第で変更がありましたら随時お知らせいたします。

どうぞよろしくお願い致します。

投稿者: ハル歯科医院

2020.04.13更新

通院中の方で治療の延期をご希望の方はご相談ください。

〜保護者の方へ〜

地域の学校で休校など行われた際は、その期間中、18歳未満の方の来院は特に症状のない場合なるべくお控え頂くようにお願いいたします。

〜来院される患者様へ〜

以下の点に該当する方はご予約の変更をお願いいたします。

・37.5度以上の発熱、咳、くしゃみの症状のある方
・身近に新型コロナウイルス感染者、もしくは感染の可能性のある方がいらっしゃる方
・海外から帰国して14日以内の方
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域への渡航ならびに当該居住者と濃厚接触がある方

来院される患者さまへはなるべくマスクを着用して頂き、受付にて手指消毒、治療前にうがい薬でうがいのご協力をお願いします。

※今後、非接触型検温機による検温も実施致します。
37.5度以上の発熱が確認された場合、予約日の変更をお願い致します。

〜待合室混雑緩和の為の取り組み〜

ご希望の患者さまへは順番が来ましたら電話でお呼びしますので車内で待機して頂けます。受付にお申し出ください。

受診されない方の来院はなるべくお控えください。

〜咳エチケット〜
治療中とっさに咳がでそうなときはハンカチか服の袖、腕で口と鼻を完全に覆ってください。

その他現在行なっているコロナウイルス感染予防対策
・待合室の雑誌類、キッズスペースの撤去
・次亜塩素酸水による空間除菌
・診療室へのドアの開け閉めの改善
・スタッフのマスク、ゴーグルまたはシールドガードの着用

新型コロナウイルス収束までご不便をおかけしますが感染拡大予防のため患者さまおひとりおひとりのご協力をお願いいたします

投稿者: ハル歯科医院

前へ 前へ

SEARCH



CATEGORY

tel:0120-860-640 受付時間9:30~12:30・14:30~19:30・土曜午後は14:00~17:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日 メールでのお問い合わせ