ハル歯科医院blog

2017.05.12更新

抜歯治療はいろいろなケースで必要になってまいりますが、そのなかでも一番多いのが親知らずの抜歯治療です。
皆様も、お知り合いや家族で「親知らずを抜いた」と話す方を何人もご存知なのではないでしょうか?

親も知らない間に生えている歯ということで「親知らず」と呼ばれるほど、一番奥の目立たない場所に生える親知らず。
場所的に当然ではありますが、ブラッシングがしづらくてとにかく虫歯になりやすいのです。

虫歯の治療を行うことはできます。
当然それは行うのですが、あまりにも虫歯がひどいと、抜歯しましょうというお話になります。
また、歯垢や食べ物のカスが溜まりやすくて、その周囲の第二大臼歯に悪影響を及ぼしたり、歯周病の原因となってしまうこともあります。
第二大臼歯はとても大切にしていきたい歯ですし、歯周病は口腔内の健康を守るためにも遠ざけたいものです。
そのようなリスクを考えていく上で、親知らずの抜歯が一番理理想的であると判断できるケースもあります。

投稿者: ハル歯科医院

tel:0120-860-640 受付時間9:30~12:30・14:30~19:30・土曜午後は14:00~17:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日 メールでのお問い合わせ