ハル歯科医院blog

2017.06.09更新

先日のブログでは、虫歯ができてしまうメカニズムについてお話ししました。
ミュータンス菌が好物としているプラークを排除するために、しっかりブラッシングすることは重要なことです。
そして、このプラークをなるべくつけないことも大切なことになってきます。
そこで注意していきたいのが、ダラダラ食べをやめることです。

食事を取った際、その後すぐにブラッシングを行う習慣をつけていけば良いわけなのですが、ダラダラ食べの習慣がある方ですと、それを実行するのが困難となってしまいます。
すなわち口の中は常に、虫歯リスクが高い状況になってしまいます。
唾液が口腔内を酸性にしないように働きかけるのですが、食べ物がひっきりなしに口の中に入ってきますと、唾液効果も期待できなくなってしまいます。

パソコンの横に、常にお菓子や甘い飲み物がございませんか?
アメを食べる習慣がありませんか?
一日三食ではなく、ちょびちょびと食べるタイプですか?
6月に入り、雨も多くなり部屋の中で過ごすことが多くなると思いますが、そうなるとついつい食べる回数が増えてしまいがちです。
自分で意識を高めて、ダラダラ食べをストップしたいですね。

投稿者: ハル歯科医院

tel:0120-860-640 受付時間9:30~12:30・14:30~19:30・土曜午後は14:00~17:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日 メールでのお問い合わせ