ハル歯科医院blog

2017.06.28更新

虫歯治療、終わってしまえば「これでOK」と安心しきってしまいがち。
実は治療が完了している歯だからといって、安心ということはないのです。
歯を削って治療を一度でもしてしまうと、その治療で詰め物をしたフチから虫歯になりやすい状況になってしまうのです。
つまり、虫歯治療を行った歯というのは、その段階で他の健康な歯と比較すると、虫歯リスクが高くなってしまっているのです。
要するに、「またいつ虫歯になってもおかしくない」状況です。

そのため、その部分の丁寧なブラッシングやフロスなどの日常的なデンタルケアはもちろんのこと、定期的な歯科医師によるチェックや、PMTCで専門的なケアを継続していきませんと、「気が付いたときにはひどい虫歯になってしまっていた!」という事態に。

虫歯の進行に気が付かず重症になってしまうと、最悪は神経を抜く治療を行わなければならなくなってしまいます。
神経を抜いた歯はもろいので、最終的には抜歯しなければ!という事態になってしまうことも少なくありません。
そうならないためにも治療後も丁寧にケアを行い、虫歯に注意していかなければいけないのです。

投稿者: ハル歯科医院

tel:0120-860-640 受付時間9:30~12:30・14:30~19:30・土曜午後は14:00~17:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日 メールでのお問い合わせ